本文へスキップ

元従業員が新聞配達の労働法について詳しく解説

ホーム > 上手な辞め方 > 退職時に違約金は払わなくていい

退職時に違約金は払わなくていい

労働法で違約金を定めるのは違法

雇用主に「新聞配達はつらいので退職します」と告げると、「給料の3ヶ月分の損害請求をする」と言われるパターンがあります。

しかし、雇用主の発言は違法です。なぜなら、労働基準法では違約金を定めたり契約してはならない、とされているからです。

裁判に持ち込まれる可能性は0%に近い

労働者側の意図的な重大な過失により会社側が損失を被った場合は、労働者が損害を支払う必要があります。しかし、J?CASTニュースにも書いていますが、会社側が被った損害を労働者に請求することは困難です。

また、裁判は費用と時間がかかるため、雇用主の方が負担が大きく、実際には裁判が起きることはめったにありません。

そのため私の調べた限り、過去に裁判で、退職時の違約金の支払い命令が出た例は、1例もありません。